グリコの化粧品はクレンジングもすごかった

グリコの化粧品はクレジングも超絶すごかった!肌に優しい乳液クリームタイプなのに、マスカラまでも落とし切るハイスペック性能に感激

グリコの化粧品のクレンジング

抜群の保湿性能を持つうるおい成分の「EAPグリコーゲン」と、シミの原因になるメラニンの生成を抑制してくれる美白成分「α-アルブチン」の両方を兼ね備えたグリコのオリジナル化粧品、ggエレジナシリーズ。

 

ggエレジナシリーズの魅力は、なんといっても圧倒的な保湿性能で、その素晴らしさに惚れ込んだわたしのガチンコレビューはこちらの記事で紹介しているとおりなのですが、保湿性能の高さを売りにしている化粧品シリーズのため、化粧水(ローション)・クリーム・ナイトジェル(寝ているときに塗っておくジェルパック)の3点セットだけが主役だと思われがちです。

 

でも、じつはグリコの化粧品は、じつはクレンジングの性能も超絶レベルにスゴかったんです。

 

このページでは、グリコのクレンジングがどれほどすごいのか、どこにどう感動したのかをお伝えしたいと思います!

 

 

わたしがグリコのクレンジングを知ったきっかけ

グリコの化粧品のモニターセットを購入したときに、オマケでクレンジングも10パック(トラベルサイズの使い切りパック)付いていたのですが、ちょうどクレンジングを切らしてしまったタイミングだったので、

 

「なんでもいいから、試しに使ってみよう」

 

と思ってグリコのクレンジングを使ってみたのです。

 

グリコの化粧品のクレンジングのおまけ

 

そうしたら、いままで使っていたクレンジングとあまりに違うものだから、ビックリしてしまったのです。

 

肌に優しいクリームタイプなのに、ものすごくメイク落ちがよくって、しかもクレンジングしただけなのに肌が潤っているという、今まで体験したことのない感触だったからです。

 

もともとわたしは、ちょっとオイリー気味の肌なのに乾燥しがちという面倒くさいタイプで、オイルタイプのクレンジングが苦手だったのです。

 

オルビスやファンケルのクレンジングも試したのですが、オイルタイプだとどうしても肌がつっぱる感じで、乾いてくるとガサガサした感じになってしまっていました。

 

そこで、洗浄力は多少犠牲にしてでも、なるべく肌に負担がないものをと思って、コンビニコスメのクリームタイプのクレンジングを使っていたのですが、モニターセットのオマケについていたグリコのクレンジングをためしに1回だけ使ってみたら、その落ちのすごさにびっくり。

 

そのため、翌日も、その翌日もと、けっきょく3袋連続で使ってしまい、

 

「あかん!全部使っちゃうのがもったいない・・・」

 

と、とうとう本製品のクレンジングまで手に入れてしまったという流れです(苦笑)

 

ちなみにこのトラベルサイズのクレンジングパックですが、いつもオマケでついているわけではないそうなので、もらえたわたしはラッキーではあったのですが、知らなければ欲しくならずに済んだという点では、罪作りかもしれません・・・。

 

乳液の処方からヒントを得て開発されたそうなのですが、肌に優しいクリームタイプにもかかわらずメイクの落ちが素晴らしく、おまけにクレンジングしただけなのに潤い効果が感じられてしまうという、本当にすごいクレンジングなのです。

 

いままでコンビニやドラッグストアで安価に購入できるクレンジングしか使ったことのなかったわたしは、

 

「はぁ?なにこれ?クリームのくせに、めっちゃ落ちる。しかもめっちゃ潤ってる」
「やばい・・・。クレンジングも欲しくなってきてしまった・・・」

 

と、あまりの性能の良さに感激してしまって、化粧水・クリーム・ナイトジェルの3点セットだけでなく、とうとうクレンジングの本製品までゲットしてしまったくらいなのです。

 

グリコの化粧品は現在、

 

・化粧水(エレジナローション)
・クリーム(エレジナクリーム)
・ナイトジェル(エレジナナイトジェル)
・クレンジング(エレジナクレンジングミルク)
・UVプロテクター(デイプロテクター)
・フェイシャルソープ

 

の6製品があるのですが、あまりにも気に入ってしまったため、フェイシャルソープを除く5製品をコンプリートしてしまいました。

 

下の写真は自宅の脱衣所の様子なんですが、本製品がずらっと並んだ様子は、なんともいえないラグジュアリーな感じで、バスタイムに並べ直してはニヤニヤしてしまう、満足感でいっぱいです(笑)

 

グリコの化粧品もうすぐコンプリート

 

とはいえ、ただ文章で「スゴイスゴイ」だけでは何のことやら全然伝わらないと思いますので(苦笑)、ダンナに協力してもらって、クレンジングしている様子を写真に撮ってもらいました。

 

 

グリコのクレンジングの使い方

とくに説明するまでもないと思いますが、使い方は一般的なクリームタイプのクレンジングと同じです。

 

ボトルを2~3プッシュして、手である程度伸ばした後、顔全体に広げてクルクルやるだけ。

 

1点だけ違うのは、目元の周りのアイメークやマスカラも落ちてくれるので、目元周りだけちょっと念入りにクルクルやるだけです。

 

じっさいの写真を載せてみますと、メイクを落とす前の状態は、こんな感じ。

 

かなり濃いめのアイメークをしているので、マスカラもバッチリ塗ってます。

 

グリコのクレンジングを使う前のビフォー写真

 

これを、グリコのクレンジングだけで落としてみます。

 

 

濃いマスカラも99%落とし切る、驚異のリムーブ性能

 

まずは手のひらに3プッシュほど出します。

 

グリコのクレンジングを出してみたところ

 

※ちなみに、オマケでついてきたトラベルパックの分量は、1袋につき2プッシュ分くらいな感じです。

 

これを手のひらで軽く伸ばしてなじませますが、乳液っぽい感じで、すごくサラサラしています。

 

グリコのクレンジングを伸ばす

 

このクレンジングにもグリコ独自のEAPグリコーゲンが配合されているのですが、ほかにも保湿成分として、米ぬか由来成分、桜の花エキス、マンゴーオイル、パッションフルーツエキス、アーチチョーク葉エキスの5種類が入っています。ほかにも2種類のヒアルロン酸も配合されているらしいです。

 

すずらんのほのかな香りがしますが、ほとんど無臭といっていいレベルです。

 

手のひらでだいたい伸ばした後は、ふつうに顔全体にざっと伸ばしてクルクルやります。

 

グリコのクレンジングでどれだけ落ちるか?

 

さあ、どれだけ落ちるでしょうか?

 

グリコのクレンジングでどれだけ落ちるか?

 

おでこや頬などの顔全体はすぐに落ちますが、目元周りはかなり濃いメークなので、ちょっと長めにクルクルやります。

 

といっても、10秒くらいなものなのですが、もうほとんど落ちているのがわかりますでしょうか?

 

グリコのクレンジングはアイメークでもすぐ落ちる

 

まぶたの部分は少し残っていますが、その後で10秒ほどクルクルやってあげると、こちらも完全に落ちてくれます。

 

グリコのクレンジングはアイメークでもすぐ落ちる

 

 

グリコのクレンジングだけだと、どれだけ落とし残しがあるか実験

 

ちょっと濃い目にマスカラを塗って1日中過ごした後、グリコのクレンジングだけを使ってメイクを落とすと、どれだけ落とし残りがるのか実験してみました。

 

グリコのクレンジングだけを使ってメイクを落としてみた後、目元専用の定番クレンジングで、目の周りだけコットンでクレンジングしてみます。

 

グリコのクレンジングだけだと、どのくらい落とし残しがあるのか?

 

コンビニやドラッグストアで買える安価なクレンジングクリームを使っていたときは、いつも併用していたアイメーク専用のクレンジングです。

 

これをいつものようにコットンにひたして、目周りをゴシゴシやってみたのですが、結果はご覧のとおり。

 

グリコのクレンジングだけで全部落ちてる

 

どうですか?

 

コットンを見ても、ほとんど(というかほぼ全く)残っていないことが判ってもらえると思います。

 

つまり、グリコのクレンジングだけで、かなり濃いめのアイメイクすら全部落とし切れているっていうことです。

 

 

グリコのクレンジングは、コンビニコスメのクレンジングクリームでは絶対に落ちない部分までオフできる

 

たとえば下の写真は、普段わたしが使っていたドラッグストアで買っているクレンジングです。

 

コンビニの安価なクレンジングクリームでは絶対に落ちない

 

毛がボーボーに生えているのは、ダンナの指だからです(苦笑)

 

1本だいたい1000~1200円くらいで売っている、なんてことのないクリームタイプのクレンジングなのですが、これだと顔全体のメイクはそこそこ落ちても、目元のメイクは絶対に落ちないのです。

 

おまけに、おでこや頬のメイクですら、かなり長い時間かけてクルクルしてやらないと、なかなか落ちません。

 

そのため、目元専用のクレンジングを併用してアイメークを落とす作業を行うことになるのですが、グリコのクレンジングのスゴいところは、肌に優しいクリームタイプなのに目元周りのアイメークまでほぼ完全に落としてくれるところなのです。

 

おまけに、ポンズのようなふき取りタイプではなく、そのまま洗い流せるタイプなので、まったく手間がかかりません。

 

クリームタイプならではの肌に優しい特製がありつつ、EAPグリコーゲンによる潤いが得られて、なおかつ洗浄力も超強力。

 

いままで安価なクレンジングオイルしか使ったことのなかったわたしには、驚異的な性能に感じてしまいました。

 

クリームタイプのクレンジングだからこそ、肌もつっぱる感じはしないし、おまけに保湿クレンジングと銘打っているだけあって、クレンジングしただけなのに肌がじんわり潤っているという摩訶不思議な感触は、少なくともわたしが今まで使ってきた安価なクリーム系クレンジングでは絶対になかった感覚でしたし、かといってオイル系のクレンジングだと絶対にこんなモチモチした感触が残ることはありませんでした。
これがすべてEAPグリコーゲンのチカラによるものなのかは分かりませんが、間違いなく言えるのは、グリコの化粧品はそんじょそこらの「ブランドネームだけで売れている化粧品じゃない!」ってことです。

 

グリコの化粧品は、化粧水、クリーム、ナイトジェル、クレンジング、デイプロテクター、石けんと6種類存在するのですが、そのすべての製品にEAPグリコーゲンが配合されているので、ふだん使っている化粧品のどれかをグリコの化粧品に置き換えるだけでも、EAPグリコーゲンの強力な潤い効果を享受できるのではないかと思います。

 

 

他社の高級クレンジングと比べてどうか

たとえば、シュウ・ウエムラのクレジングオイルは、人気のあるクレンジングのひとつですよね。

 

150mlで3000円~4000円くらいなので、価格的にはちょっとお高めのクレンジング。グリコのクレンジングよりもちょっと高いくらいの値段です。

 

すごく優秀で人気もあるので、わたしも一時期だけ使っていた(福袋に入ってたから)のですが、オイルクレンジングだとどうしても必要な成分も取り除きすぎてしまうんですよね。

 

シュウ・ウエムラのクレジングには保湿成分が入ってるので、コンビニやドラッグストアなどで購入できる低価格なオイルクレンジングに比べれば、はるかにマシなんですけれども、それでもやっぱりオイルタイプのクレンジングは洗浄力が強力なので、どうしても肌に負担がかかってしまうようなのです。

 

具体的には、肌がつっぱったような、カサカサになるような感じで、必要な脂分まで奪われてしまう感じがありました。

 

いくら保湿成分が入っているとはいえ、洗浄力抜群のシャンプーでガシガシになった髪の毛を、後から濃厚なトリートメントで保護するという感じなので、どうしてもつっぱった感じは残ってしまっていたのです。

 

値段も高いし、肌も荒れた感じになるしで、けっきょくクリームタイプのクレンジング生活に戻ってしまっていたのですが、グリコのクレンジングの洗浄力と保湿力を知ってからは、もう以前のクレンジングに戻れなくなってしまいました(苦笑)

 

 

グリコのクレンジングは、クリープタイムなのに、めちゃ落ちる!おまけに肌もツヤツヤする。

 

そもそもクレンジングには、オイル、ジェル、クリームの3タイプがありますよね。

 

肌にもっとも優しいのはクリームタイプだけど、やっぱりメイクの落ちは悪いです。
アイメークなんて絶対に落ちないし、お風呂場でも基本的には使えません。

 

逆にオイルタイプはよく落ちて、お風呂でも使えるものが多いけれど、肌への負担はかなり大きくって、素肌に必要な油分もそぎ落とされてしまって、クレンジングの後で顔がカピカピになっちゃうんですよね。

 

ジェルはその中間なので、肌への負担は少ないし、そこそこ落ちてくれるのだけれど、やっぱり中途半端というか、面倒が増えるだけなので結局使わなくなってしまったのです。

 

でも、グリコのクレンジングはクリームタイプなのにビックリするほどよく落ちてくれるし、使い心地もかなり気持ちいいのです。

 

クリームならではの、ベタベタしないサラサラした感じ。

 

乳液を塗っているだけかのような肌触りで、手のひらで顔をクルクルやっているときも、ザラザラした感じは一切感じられませんでした。

 

肌馴染みがいいというか、でもヌルヌルした感じはなくって、ツルツル・サラサラといった表現の方が合っていると思います。

 

感触としては、ホントに乳液を塗っているだけの感じなんですが、メイクを落としながら肌に潤いを与えてくれている感じが本当に素晴らしくって、グリコの化粧品は「ラインナップを増やしました」だけの製品じゃないということがよく分かりました。

 

 

こんなに違うなら、値段も決して高いとは思わない

これまで1本1000円前後の安価なクレンジングオイルやクレンジングクリームを使ってきた身なので、今回のグリコのクレンジングみたいに1本が4000円もする「ちゃんとした、ちょっとお高いクレンジング」の購入は、かなりちゅうちょしてしまいました。

 

けれども、モニターセットのおまけについていたクレンジングを使ってみたら、普段使っているクレンジングとのあまりの性能の違いに愕然としてしまい、

 

「うわぁ。やっぱグリコの化粧品、すごいわ・・・」

 

と感じてしまったのです。

 

グリコのクレンジングは定価で購入すると200グラムで4200円なのですが、これだけ肌に負担がないのに、濃い目のマスカラまでバッチリメイクを落としてくれるのであれば、そんなに高い買い物ではないかもしれないと感じてしまいました。

 

1回の使用量が2~3プッシュと書いてあるのですが、実際には2プッシュで十分な量だと思いますし、そうするとだいたい2ヶ月~3ヶ月くらいはもつ計算なので、一か月あたり1000円チョイ。

 

1カ月あたり1000円くらいでこれだけ優秀なクレンジングを使えるのなら、決して悪い選択ではないよなぁって自分に言い聞かせています(苦笑)

 

月に何回かのケーキを1回減らせば買えちゃう値段ですし、落ちないクレンジングでゴシゴシやって、なおかつオイルタイプのマスカラリムーバーを併用するくらいなら、時間も短縮できるし、むしろお金の節約にもなると思ったからです。

 

1本4000円近くするクレンジングなんて贅沢な商品を買ったのは、生まれてこの方、今回が本当に初めてだったのですが、本当に買って良かったと思います。

 

グリコのクレンジングはすごい

 

お世辞抜きに、グリコの化粧品は本当にすごいと思います。

 

グリコが化粧品って、いまひとつイメージに合わない感じがしたのですが、世界中の一流コスメメーカーに美白成分「α-アルブチン」を卸している原材料メーカーでもあるということを知ってからは、

 

「自社で作っているからこそ、これだけの性能をこの値段で実現できているのか」
「なんて良心的なメーカーなんだ・・・」

 

と、グリコに対するイメージがずいぶんと変わりました。

 

グリコの化粧品は強力な保湿性能がウリだということは広告を見ても分かりますし、EAPグリコーゲンの効果が堪能できる化粧水・クリーム・ナイトジェルの3つが主役だと思ってきたのですが、その脇を固めるクレジングも、ものすごい超高性能だということが判り、あらためてggエレジナシリーズが爆発的に支持されている理由が分かった気がします。

 

本当にいい製品だと思うので、まだグリコの化粧品を一度も使ったことがないという人は、ひとまずは本製品の3点セットが75%オフで購入できるモニターセットを手に入れてみてほしいと思います

 

わたしのように安価なコンビニコスメしか使ったことがなかったのだとしたら、たぶん感動すると思います!

 

結論。やっぱりグリコの化粧品はすごい

目だったCMもやっていないのに、30万人ものユーザーがいるということは、ほとんど全部口コミによるものなのだと思いますが、今ならわたしも「これすごいから使ってみてよ」と周囲に言いたくなってしまう気持ちが分かります。
知人や友人には「聞かれたら教える」程度の感じにはなりますが、自分の親や姉妹には

 

「これ、すんごいイイから、使ってみてよ」

 

と積極的に教えたくなってしまいます。

 

TVCMもやっていなくって、目立った広告もほとんど見かけないのにこれだけ売れているグリコの化粧品って、やっぱり質実剛健というか、ものすごく高性能・高品質な化粧品なんだということがよくわかりました。

 

ただし、わたしのようにクレンジングまで欲しくなってしまっても責任は持てませんよ(苦笑)

 

 

⇒ggエレジナのお試しモニター募集サイトはこちら

 

gg トライアルセット

 

本製品とまったく同じセットを4000円で購入できるのは、本当に驚異的な安さです。

 

1日でも使ってみると、同じ価格帯で購入できる他社の化粧品セットと比べて、どれだけグリコの化粧品のコスパ(価格に対する性能)がいいかが分かってもらえると思います。