ggエレジナ 美白効果

グリコの化粧品、ggエレジナには美白効果も期待できるの?α-アルブチンの役割とは?

ggエレジナの美白効果

グリコが独自開発したEAPグリコーゲンを配合した化粧品シリーズ、ggエレジナですが、高い保湿効果と長時間持続するモチモチ肌でとても人気が出ています。

 

ところでこのggエレジナには、美白効果も期待できるのでしょうか?

 

成分内容からひも解いてみることにしました。

 

そもそも美白には2種類ある

 

コスメ製品における美白効果は、2種類の意味があります。

 

ひとつは、すでにできてしまったメラニン色素を除去するという意味です。

 

顔の皮膚や肌にできてしまったシミを消してくれる効果をもつ効化粧品のことを、美白効果がある化粧品と呼びます。

 

シミを消してくれる具体的な成分としては、ビタミンC誘導体や、ハイドロキノンなどが有名です。

 

これらの成分が含まれている製品は、美白効果がある記載しても良いことになっています。

 

ただし、肌への刺激が非常に強いため、かつては皮膚科でのみ処方されていた成分でもあります。

 

低濃度であれば配合することが許可されるようになった成分ですが、最近ではシミ対策を目的とした化粧品に配合されることがあります。

 

もうひとつが、メラニンの予防効果です。

 

こちらは、白い肌を白いままに保つための機能で、はやいはなしがシミ予防ということになります。

 

主な成分としては、ポーラ化粧品が開発したルシノール、花王が開発したカモミラなどの成分が有名です。

 

こうじ菌やプラセンタエキスも、メラニンの生成を阻害する美白成分のひとつですが、これらの成分が含まれている製品も、美白効果が期待できるとされています。

 

よって、メラニンの除去に貢献してくれる成分か、メラニンの沈着を阻害する成分かの、どちらかひとつでも配合されていれば、美白効果が期待できるということになりますが、あらためてggエレジナシリーズの成分を見てみましょう。

 

ggエレジナローションの成分

 

ggエレジナローションに配合されている成分は、以下のとおりです。

 

水、BG、グリセリン、グリコーゲン、α-アルブチン、ヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸、加水分解コラーゲン、アセチルヒドロキシプロリン、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na、グルコシルセラミド、ツボクサエキス、シトルスジャバラ果皮エキス、コウヤマキ枝/葉エキス、ローマカミツレ花エキス、センチフォリアバラ花エキス、オリーブ葉エキス、カンゾウ葉エキス、ゴレンシ葉エキス、テンニンカ果実エキス、マタタビ果実エキス、ヒメフウロエキス、オニイチゴ根エキス、加水分解イナゴマメ種子エキス、アルギニン、アスパラギン酸、PCA、グリシン、アラニン、セリン、バリン、プロリン、トレオニン、イソロイシン、ヒスチジン、フェニルアラニン、α-グルカン、クエン酸、クエン酸Na、PCA-Na、乳酸 Na、キサンタンガム、ポリソルベート20、グリチルリチン酸2K、フェノキシエタノール

 

ひとつひとつチェックしてみましたが、ggエレジナローションには、ハイドロキノンやルシノールといった美白成分は見当たりませんでした。

 

ggエレジナクリームVの成分

 

ggエレジナクリームVに配合されている成分は、以下のとおりです。

 

水、BG、グリセリン、水添ヤシ油、トリイソステアリン酸ポリグリセリル-2、ジカプリン酸ネオペンチルグリコール、シア脂、エチルヘキサン酸セチル、ジメチコン、ベヘニルアルコール、アラキジルアルコール、水添パーム核油、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、グリコーゲン、α-アルブチン、加水分解コラーゲン、セラミド1、セラミド2、セラミド3、セラミド6Ⅱ、グルコシルセラミド、加水分解エラスチン、キハダ樹皮エキス、ツボクサエキス、シトルスジャバラ果皮エキス、コウヤマキ枝/葉エキス、ローマカミツレ花エキス、センチフォリアバラ花エキス、オリーブ葉エキス、カンゾウ葉エキス、ゴレンシ葉エキス、テンニンカ果実エキス、マタタビ果実エキス、ヒメフウロエキス、オニイチゴ根エキス、加水分解イナゴマメ種子エキス、アルギニン、トコフェロール、α-グルカン、カラメル、フィトスフィンゴシン、水添パーム油、ミツロウ、アラキルグルコシド、キサンタンガム、ステアリン酸グリセリル(SE)、ステアロイル乳酸Na、(アクリル酸Na/アクリロイルジメチルタウリン/ジメチルアクリルアミド)クロスポリマー、ヘキサ(ヒドロキシステアリン酸/ステアリン酸/ロジン酸)ジペンタエリスリチル、(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー、ポリクオタニウム-61、ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10、グリチルリチン酸2K、フェノキシエタノール

 

ggエレジナクリームVも、ハイドロキノンやルシノールといった美白成分は見当たりませんでした。

 

 

ggエレジナナイトジェルの成分

 

ggエレジナナイトジェルに配合されている成分は、以下のとおりです。

 

水、グリセリン、BG、ジメチコン、ミリスチン酸オクチルドデシル、グリコーゲン、ヒアルロン酸Na、カワラヨモギ花エキス、アロエベラエキス-1、褐藻エキス、チョウジエキス、オウゴン根エキス、ユキノシタエキス、PEG-12ジメチコン、ラウロイルグルタミン酸ジ(コレステリル/オクチルドデシル)、(アクリロイルジメチルタウリンアンモニウム/VP)コポリマー、カプリル酸グリセリル、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、カルボマー、トコフェロール、水酸化Na、フェノキシエタノール

 

ggエレジナナイトジェルにも、美白に関係する成分は見当たりませんでした。

 

 

α-アルブチンには美白効果が期待できる

 

ただし、これらの成分だけを見て、グリコの化粧品に美白効果が一切ないと考えるのは早計なのです。

 

じつは、グリコの化粧品にはEAPグリコーゲンという独自成分のほかに、α-アルブチンという独自成分が入っています

 

これは、ハイドロキノンにブドウ糖をα結合で転移させた物質で、メラニンの生成を強力に抑制する効果があるとされているのです。

 

紫外線やストレスにさらされると、皮膚のなかには活性酵素の刺激でメラニンの原因となる酵素チロシナーゼが活発になりますが、α-アルブチンはこのチロシナーゼに直接作用してメラニンの生成を抑制してくれるのです。

 

よって、すでにできてしまったシミなどを除去する働きこそありませんが、これから生成されようとするシミやメラニンの生成を防いでくれる働きはもっているので、美白効果というより、くすみやシミを防止する予防効果があるといえるのです。

 

先ほども書きましたが、化粧品における美白効果には、メラニン(シミの原因)除去と、メラニン(シミの原因)予防のいずれかを指しています。

 

よって、化粧品業界の定義によれば、「グリコの化粧品には美白効果がある」ということになるのです。

 

グリコの化粧品の広告は非常に良心的なのか、いたずらに「美白効果がある」とは大げさに宣伝していませんが、上記の成分が含まれているためにシミ予防としての美白効果は期待できます。

 

エイジングケアとひとくちにいっても、保湿を目的にしたもののあれば、シミ対策を目的にしたものもあるように、さまざまな製品コンセプトがあります。

 

グリコの化粧品は、シミの除去対策を目的としたものではありませんが、今の肌にシミをつくらせない働きは十分にもっているので、現在の肌をよりよい状態で保つことには貢献してくれるといえそうです。

 

ちなみにほとんど知られていませんが、グリコは世界中のコスメメーカーに化粧品の原料を提供しているメーカーでもあります。

 

α-アルブチンもグリコが独自開発した成分だと記載しましたが、メラニンの生成を抑止する効果に定評があるため、美白用化粧品の原料として世界中の一流コスメメーカーがグリコからα-アルブチンを仕入れているのです。

 

超がつくほど高級な化粧品にしか使われていない成分が入っているにもかかわらず、数千円程度の価格でggエレジナシリーズが提供できるのは、α-アルブチンがグリコの自社開発成分だからこそだともいえるわけです。

 

強力な保湿効果だけでなく、世界中で利用されている美白成分が惜しげもなく使われているという点でも、グリコの化粧品がいかにコストパフォーマンスの高い化粧品化がわかるかと思います。

 

⇒ggエレジナのお試しモニター募集サイトはこちら

 

gg トライアルセット